毛穴が目立つnavi

プラセンタは内側から外側からどちらから与えるべき?

お肌のターンオーバーを促してくれることで有名な“プラセンタ”。
年齢を問わず、沢山の方が愛用していますよね!
化粧水、サプリメント、注射…摂取方法は色々ありますが…
内側から与えるのと、外側から与えるのとでは、どちらがいいのでしょうか?

まず、化粧水(外側)のメリット・デメリットを確認してみましょう!
化粧水は洗顔後、お顔やデコルテなどに付けるかと思います。
メリットとして、塗ったところに直接プラセンタ成分をつけることになるので、効果が分かりやすいです。
もちもちした触感や、お肌のくすみが無くなっていく感覚を実感できます!
しかし…逆を言うならば、塗らないところに効果は出ません。
効果を出したいところにはムラなくきちんと塗りましょう!
「このシミをなくしたい!」という方には、外側から直接プラセンタを与えることをお勧めします。

次に、サプリメント(内側)のメリット・デメリットです。
メリットは、なんといっても総合的に“効果がある”ということです。
内側から摂取するので、体の中からホルモンバランスを調節し、お肌のターンオーバー促進されます。
なので「月経の来る日が安定しない」「髪の毛がパサついている」
…という方はぜひ内側からケアしてあげてくださいね。

デメリットは、効果を実感するのに時間がかかる、ということです。
最低3~4ヶ月は飲み続けなければいけません。
飲んだからといって、すぐに効果が出る訳ではないので…
効果を実感しにくいところが難点と言えるでしょう。

また、プラセンタ注射(外側)は化粧水のように即効性があり、サプリメントのように総合効果を期待できる反面、値段がかなり高額になります。

いかがでしたか?ご自身の目的に合った与え方で、満足のいく効果を得たいですね!